カテゴリー別アーカイブ: 総量規制

総量規制の存在する意義

お金が無い状態だと、誰でも借金をしてしまえば済むとなると、返済出来ないのに借入することになります。

それで、お金を個人で借入するのに、キチンと返済がスムーズに出来るように規制の法律が出来ています。

それは賃金業法の総量規制と言うものです。これは、個人の年収が3分の1以上を超えた借入は出来無い規制となりますので、貸し出した金融業社は行政処分をされます。

個人が借入するのに、年収の3分の1しか借りれないのであれば、年収が少ない人は借入額も少ないので、毎月の借金の返済額も少なくなり、スムーズに返済する事が出来るようになります。

そして、ニートや無職だったり、パートも行っていない専業主婦も、個人の年収がありませんので、借入をする事が不可能になります。

これは借入しても、返済できる能力が無い人には、貸し付けを出来ない状態になるので、返済が滞る事が無くなり、借りる個人にも、貸し出す金融業に取っても、危険な事を避ける為にも、規制があって良い事であると思われます。

返済能力が無いのに、借金があっても返済しようが無い状態になるのを防ぐ意味もあるのでしょう。多重債務もなくなりますし、破産をしたり債務整理をする人も減って行く事でしょう。

対象は、賃金業者になりますので、消費者金融業や、信販のクレジットカードのキャッシングなどで規制が掛かります。銀行のカードローンや、融資は対象外となります。

総量規制が存在するおかげで、余り多くの金額を借入できなくなったと思うよりも、無理にたくさん借りすぎずにキチンと返済できるスムーズな金融取引で済ませることが出来たと思う事になるでしょう。