お年玉の原資が心もとない!どうする孫たち(甥や姪の子供も含む)

もうすぐお正月
しかし、今年はお年玉のことが少々憂鬱です。

私の父も母も亡くなり、かなり時間も経つのですが兄が突然今年の正月はみんなで集まろうと言い出してしまったのです。
そんぽ提案にはすごく賛成です。
なによりどんどん希薄になっていく親戚同士のつながりです。
お正月落ちうイベントの力でも借りない限り、親戚が集まるなんてことはありません。
さらには今年は姪っ子が結婚しました。
しかし、このコロナ禍の中、結婚式はあげていません。
そこで、親戚たちへの顔見世 顔合わせという意味もあって兄が盛大に集まろうなんて言い出しているのです。

やっと甥っ子姪っ子たちも独立就職してお年玉の負担も少なくなってきました。
※まだ大学生の甥っ子も残っていますけど・・・・

問題は甥っ子や姪この子供たちです。
これ、ネズミ算的に増えてきているのです。
しかも私には子供がいません。
ですから、出る一方なんですね。

去年は、まだ景気のいい建設業のお兄は赤ちゃんにもお年玉をあげていました。
ぼくは、それをそっと見て見ぬふりをしていました。
だって、赤ちゃん=その親 にあげるのと同じですからね。
それは私の流儀に反します。
きちんと
「おっちゃん 明けましておめでとう」
と挨拶できてお年玉はもらうものだと勝手に都合よく決めているからです。

しかし、そんあことも言ってはおれません。
とりあえず予算組みしておかないと赤っ恥をかいてしまいます。

それとなく集まる人数やお年玉をあげる子供の年齢などをさりげなく兄にきいて確認すると・・・

ひえええええ
かるく10万円以上は覚悟しなければなりません。
今時は千円札でお年玉を上げる方は少ないんですかね・・・

やっぱり最低でも5千円札1枚は入れておくのでしょうか?
成人してはいるけれどまだ大学生の甥っ子姪っ子もいます。
彼らにはやっぱり福沢諭吉1名くらいはあげなくてはいけないでしょうか?

辛い
辛すぎる
このコロナ禍の不景気の今、いかに出ていくお金を節約するか?
そんなことで頭を悩ませている私には、このお年玉は恐怖でしかありません。

そうだ!
急にお正月はお腹が痛くなって行けなくなったことにしよう!
そんな不謹慎な考えもよぎります。

結婚した姪っ子にも式を挙げないのは可哀想だとお祝いは奮発したのに・・・・

さてさて、この難局をどう乗り切ればいのか?

お正月まではまだまだ時間があります。
対策を考えないと・・・・?

そうだ!
有馬記念があるぞ!
一発逆転狙いでいくか!
そうすれば全員に1万円ずつあげられるけど・・・
いいお墓 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です