月別アーカイブ: 2015年8月

イランの核開発疑惑に対しての経済制裁の解除について

2,3日前のニュースでイランの経済制裁を解除するというものがあった。核施設の査察をイランがうけいれることに合意したことによる経済制裁解除とのこと。これにより日本でもイランからの石油が輸入できるようになり、石油の輸入先が増えるとのことでもあり、イランは人口8千万いるとのことで、今後の経済も見込めるとの期待があるため、日本の経済界は歓迎しているようだ。

 この核施設の査察受け入れの合意は長い期間の話し合いによるものらしい。相手方に納得してもらうのは粘り強くやっていくしかないのであろう。経済制裁が功を奏したのかもしれないが、相手が意見を聞かないからと言って高圧的にでるのはかえって逆効果になるのではないかと思う。やはり気長に交渉することがいいのであろう。

そのことで思うのだが、今の国会に提出されている安保法案も強行採決せずに問題点をよく整理して議論してもらいたいものだ。高圧的な態度ででると相手に反感されるし、それがいい影響をあてるようには思えないのである。

 何事も根気よく相手が納得するまで話し合うことが肝要ではないかとこのニュースを新聞で読んで感じたのであるし、それがいい結果をもたrすのではないかと思うのである。
キャッシング専業主婦

現実化したギリシャのデフォルトの危機

ギリシャはIMFからの借入金の返済にEUからの支援を得られず、実質的にデフォルト状態に陥りました。ギリシャの左翼政権は、緊縮財政策がEUとの交渉で煮詰まりつつあったものを途中で白紙に戻し、EUの不信を買ったのです。

その上、あろう事か、EUの緊縮財政案を受け入れるか否かを国民投票に聞くと言うのです。しかも、首相は国民に対して受け入れに反対するようアピールし続けているのです。この行動の意味も良く分かりません。

銀行の破たんを防ぐため。1日に引き出せる預金額を8000円余りとする一方で、公共交通料金や携帯電話の通信費まで無料にすると言うでたらめな政策を繰り出しているのです。

これは、国民の不満をそらすための施策と見られていますが、政策とはとても言える様な代物ではありません。EUは、ギリシャをEUに迎える時に、スペインなどと比べて甘い条件を認め、甘い支援策を繰り返してきました。そのつけがEU側に戻って来たと言えるのかもしれません。

ギリシャはヨーロッパにあって、ロシアの地中海への進出にとって地政学的に重要な地点にあり、その事がEUがギリシャを甘やかし、これを見透かしたギリシャがそれを脅しに使うという関係を長く続けて来た結果なのです。

ギリシャ国民は、左翼政権を選択し、その結果として国家破たんしようがそれは享受せざるを得ない事です。しかし、それが間接的に日本経済に影響を与えている事には腹立たしさを覚えます。

何とか、最後の最後にギリシャ国民が良識ある選択をし、この問題が拡大せずに軟着陸してくれる事を望むばかりです。即日キャッシング

お金を貯めてどうやって効率的にするか

自分は好きなものを買うために多くのお金を必要とする環境にいます。そういった環境なので常に無駄なお金を出さない決まりを持っています。これは私のルールでこれまでに何度も良いお金の使い方ができたのです。

具体的には必要のないものを売って資金を集めていきます。私は以前に大量の品物を買っていたことがあって貯えがあります。それらを効率的に売って新しいお金を得ているのです。

実際に商品を売るためにはオークションサイトやリサイクルショップを使うのが基本です。私はインターネットも上手く使って最高の取引をしてお金に換えます。だから今では売ったお金を集めて新しいものを買う生活になっています。

現代では普通に生活しても色々な場所でお金が必要です。だから欲しいものは見つけたら直に手にしておきたいです。そういう感じでお金を集めると見事に目的の金額に到達します。

私は我慢するのが得意なのでお金を貯めることに向いています。だから欲しいものを適切に買って新しい生活を送っているのです。現代では効率的なお金の使い方が絶対に存在しているので忘れないようにします。

個人でお金を持っているなら得をする時に使うものです。私はこの方法を使って今までショッピングや取引でも成功したのです。即日キャッシング

政府の思惑通りに進んでいきそうですが・・・。

大手自動車メーカーのトヨタが、家族手当のうちの配偶者手当を廃止し、その分子ども手当を4倍にするそうです。女性の労働を促すという政府の指針を先取りした形となっています。

「トヨタがやってるんだからウチも!」ってトヨタの動きに追随する企業もこれから出てくると思います。政府の思惑通りに世の中が進もうとするのではないでしょうか・・。

ですが女性の労働を促すといっても、今の状態では無理ですよね。子供がいる人にすれば、預ける幼稚園や保育所をどうするか、子供が病気になった時に休めるか、休めない場合は病気の子供を受け入れてもらう病児保育の確保とか、問題は山積です。

トヨタのような大企業であれば、自社で対策出来ると思いますが、そんなのはごく一部で、出来ない企業がほとんどです。その問題を考えないで、トヨタに倣おうって言うんだったら、それは机上の空論です。

政府も女性の労働を促したいのなら、まずは子供を安心して預けられる場所を確保する事ですよね。そして子供のことで休むことが「悪い事」っていう意識をなくす政策を打ち出してほしいです。

仕事して給料をもらうのは、性別や子供の有無にかかわらず同じ事です。「子供がいるから仕方ない」っていなおるつもりもないですし、特別待遇をしてほしいとも思いませんが、もうちょっと優しい目で見てほしいなとは思います。主婦キャッシング