政府の思惑通りに進んでいきそうですが・・・。

大手自動車メーカーのトヨタが、家族手当のうちの配偶者手当を廃止し、その分子ども手当を4倍にするそうです。女性の労働を促すという政府の指針を先取りした形となっています。

「トヨタがやってるんだからウチも!」ってトヨタの動きに追随する企業もこれから出てくると思います。政府の思惑通りに世の中が進もうとするのではないでしょうか・・。

ですが女性の労働を促すといっても、今の状態では無理ですよね。子供がいる人にすれば、預ける幼稚園や保育所をどうするか、子供が病気になった時に休めるか、休めない場合は病気の子供を受け入れてもらう病児保育の確保とか、問題は山積です。

トヨタのような大企業であれば、自社で対策出来ると思いますが、そんなのはごく一部で、出来ない企業がほとんどです。その問題を考えないで、トヨタに倣おうって言うんだったら、それは机上の空論です。

政府も女性の労働を促したいのなら、まずは子供を安心して預けられる場所を確保する事ですよね。そして子供のことで休むことが「悪い事」っていう意識をなくす政策を打ち出してほしいです。

仕事して給料をもらうのは、性別や子供の有無にかかわらず同じ事です。「子供がいるから仕方ない」っていなおるつもりもないですし、特別待遇をしてほしいとも思いませんが、もうちょっと優しい目で見てほしいなとは思います。主婦キャッシング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です