安保法案については国民の意見を反映させるべき

ギリシャ経済がとんでもないことになっていて、国民投票で国の今後を決めることになってしまいました。結果として6割の公務員全員の意見が反映されたような投票結果になりましたが、資本主義社会においては何も問題はないと思います。ところで、安保法案は憲法学者などの専門家を交えて国会議員が話し合いを続けていますが、どうして国民の意見を反映させようとしないのだろうかと思い不思議でなりません。

国の今後を国民が決めたギリシャのように、安保法案についても国民投票で決めてみると良いと思います。徴兵制やら自衛隊の生命の危機やらで民衆の不安感を煽ることにつながっている法案なので、安全な場所から指示を出すだけの国会議員だけで話し合うのは間違っていると思うのです。大阪都構想のときのように、普段は選挙に足を運ばない若者も政治に関心を向けるきっかけになると考えているので、決して無駄なことはないはずです。

頑なに国民投票をしない姿勢を取っているのであれば、十中八九安保法案は可決されて自衛隊は生命の危機にさらされる未来が待っています。それどころか、今後の世界情勢によっては民衆の各家庭に赤紙が送付されることも十分にあり得るのです。在籍確認なしカードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です