凶悪殺人事件についての根本理由とは

連日信じられないような凶悪殺人事件が後をたたない中で、ニュースを見ているだけで視聴者側であるこちらも涙目になってしまいます。

先日も、元バイト先の同僚である女性が殺害された事件を耳にしました。本当に信じられない事件でした。また、報道を見ている中で裁判で犯人が相手の被害者の女性を襲うと決めたことを”ターゲットにした”という言葉を使っていたのにも驚きました。普通ターゲットという言葉はそういう時に使うチョイスではないと思ったからです。正直、やはり31歳にもなって善悪もろくに分からずに自分の欲求を満たすことを優先してしまうのは、本人自体にかなりの精神的欠陥があるとしか思えません。

単純なことですが、自分がされて嫌なことは他の人にしないとか、他の人に危害を加えたらその人が嫌な思いをするとかといったことは、幼稚園生でも知っていることです。もし小さいころから攻撃性の高いお子さんだったとしても、親御さんをはじめ周りの大人はそれを正すことができると思います。

こういった犯罪がいろんな人で次々と繰り返されてしまっている背景には、加害者の精神的幼稚さはもちろんですが、その先にある彼らが育ってきた環境に目を向けていく必要があるのではないでしょうか。きっとそこには、恵まれない家庭環境や、他人への思いやりを異常に欠く原因が潜んでいると思います。キャッシング 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です