中古の下取りのタイミングと店で全く違ったこと

私が金欠になった時の乗り切り方は、まだいろいろ不要になった雑貨があった時は、それをとにかく売っています。

わりと高額で売れたのは、一年ほど前の話になりますが、某大手古本買取屋さんが、家電の買取りを始めたばかりの時でした。

まだCMもしておらず、家電の買取強化というのぼりはありましたが、店内に入ると、始めたばかりのせいか、家電を陳列するスペースは出来ていたものの、その棚はスカスカ、まだまだこれからというところでした。

少し心配になりつつも、査定してもらうことに…。実は、その商品は、他の中古リサイクルショップで、新品にもかかわらず、たまたま入っていたダンボールのカスのようなものが査定の時にで出てきて、10円と査定されたホットサンドメーカーでした。その中古リサイクルショップの査定にちょっと頭にきて、他を探している時だったのです。

本も買い取ってもらうため、たまたまその帰りに店に寄ったのがきっかけでした。

査定価格は、500円。すぐ売りました。その後、何度か不要な家電を買い取ってもらいました。そのどれも、中古リサイクルショップより、高値でした。タイミングがよかったんだと思います。

そして、査定は重要性と、店によって欲しくない場合は、かなり値段を低く見積もられることを知りました。

必要な店に売ることも大事なんだなぁと勉強になりました。

なので、もし中古リサイクルショップに買取りしてもらう場合は、面倒でも何ヵ所か回ることをおすすめします。アコム 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です