不要なものを買わないでお金を貯める

不要なものを買わないでお金を貯めるというのは実際にはかなり難しいのではないかと思います。しかし、少しでも貯金額を増やすならできるだけ不要なものを買わないようにするというのは方法としては当然のことです。では不要なものというのがどのレベルで必要か不要かを判断するかということになります。例えば衣服でとりあえず着用できればいいというレベルで考えると1着を所持してぼろぼろになるまで着続け、2枚も持つ必要がないとすれば何年も服を買わずに済むかもしれません。しかし実際には社会で生きていくにはそういうわけには行きません。スーツを着る機会もあれば、遊びに行く服など複数枚は持っておかないと暮らせません。それでもそれぞれの場面で着る服でお気に入りのベストコーディネートをそろえればそれ以上は買う必要がないと割り切ることもできます。食事にしても同じように栄養さえ必要最低限確保すればいいというような食生活は精神的にもよいはずがなく、無理をすれば病気にかかりやすくなったりします。貯金はダイエットに例えられるようにやはり無理があると継続することができなくなります。貯金も継続することでこそ金額を増やすことができるので辛くないレベルで必要、不要の基準を決める必要があります。キャッシング審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です