マイナンバーの制度に関する考察

マイナンバーは来年から導入を検討している最中の制度で、国民の全員に政府が定めた番号を割り振って、社会保障などのサービスの向上を目的としています。日本は昔は総ての中流の社会で平等に保障を受けられていた状態でしたが、最近は高齢化や格差社会で全員に平等な社会保障が受けられない状態になっています。

所得税などの税金の納入の状況などを確認するために、マイナンバーの制度を導入する目的があります。納めている税金や所得の状況などを確認したり、場合によっては個人の銀行口座などにも介入する可能性があります。

マイナンバーの制度は、銀行口座などを介して個人の口座に振り込まれているお金の状況なども国が確認して、金額の条件などによっては一定額の税金を課す事も考えられます。

税金の納入などのプライベートな部分まで介入する事で、問題点としてはプライバシーの尊重などが挙げられて、本格的な導入の時期が定まっていない状況です。個人の所得の状況はあくまでのプライバシーに関わる部分が多いので、国民に対してしっかりと制度の内容を説明して、国民が暮らしやすい社会保障を提供するための制度に変えていく事が大事です。生活するのに苦労している人に対して、社会保障の充実に繋がる制度として作る事がマイナンバー制度の本来の意義です。フリーローン審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です