お金を貯めたくなったら、冷蔵庫を整理してみよう

節約のときには食費を減らせないか、考えることが多いです。

私は、食費を浮かせるために、なるべく冷蔵庫の中を空っぽにすることを目標に、使い切る節約法を考えました。

空っぽになるまでものを買わないようにしたのです。

冷蔵庫の中身をチェックしてみると、なにかのタレや、みそなど、使わずに眠っているものが結構ありました。それらを料理に意識的に使いましょう。そのほか、買ってからしばらく使っていない乾物とかも出します。素麺や、乾燥ひじき、切り干し大根なども、料理に使いましょう。

料理でメインになる食材の、肉や魚、たまごなどが切れたら買う必要がありますが、その他は買わないで過ごしてみます。あるもので何ができるかを日々考えて無くなるまで使っていく。無くなる前に買いに行くのではなく、無くなったら買うようにする。

そうすると以外にお金の減りが少ないことに気づきます。そして、冷蔵庫や、他の棚のスペースがすっきり空いてきます。冷蔵庫の掃除もできるくらい、良いスペースができます。

そのようになくなるまで買わない生活をしてみると、いるものと、いらないものが見えてきます。

なかなか減らないものは、あまり食べないと言うことで、この先買うか、買わないか考えるきっかけになります。また使い切り方を考えることで、新しいレシピを知ることになるので、料理の幅も広がるチャンスになると思います。即日キャッシング 注意点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です